―――会場がどよめく。

それもそのはず、もう何年も前に環境から姿を消したこのカードがここで出るなんて、誰が予想できるだろうか。

 


葉月「な、なに…なんなの、そのモンスター…知らない、私そんなの知らない!」

f:id:hadukimiu:20191004233012p:plain「あなたが2歳の時に出たモンスターよ。わかるはずもないわよね…さぁ、お勉強の時間よ小学生!

トリシューラの効果!『相手の手札、フィールド、墓地から、一枚ずつカードを選んで除外する』!!」

葉月「た、対象を取らない除外!?」

 


アストラムは対象に取ることができず、素材になったマスカレーナで効果破壊もできない。

だが、対象に取らなければ対処はできる。

だからまいはこのカードを用意してた。

手札は一枚、墓地にはスペルビア。

これなら確実に次の展開の芽とアストラムを潰せる!

 


葉月「トラップカード発動!戦線復帰!

スペルビアを墓地から蘇生する!!」

観客「おおおおお!!」

 

f:id:hadukimiu:20191004232953p:plain「そんな、スペルビアの除外を回避した!!」

f:id:hadukimiu:20191005000117p:plain「フィールド上でアストラムとの二択を迫るつもりね!けど効果処理時に除外するカードは選ぶ!だから他のカードを選択すればいい!」

葉月「それだけじゃない!アムドゥシアス効果!LPを1000払い、魅惑の堕天使を適用する!!」

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「!!?」

葉月ちゃんがトリシューラを指差す。

葉月「もちろん奪うのはトリシューラ!」

f:id:hadukimiu:20191004232925p:plain「除外対象にできるカードをとことん減らしてきましたわね。被害を最小にする気ですわ。」

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「除外効果処理に入るわ!まずは残り一枚の手札、フィールドのアストラム!そして墓地の失落の堕天使よ!」

葉月「手札のカードはトリックスターライトステージよ…。アストラムは除外だから墓地に送られた時の効果も使えないわね。」

 
でも、と言葉を続ける葉月ちゃん。

 

葉月「これであなたの盤面には何も残ってない!

せっかく頑張って出したトリシューラも奪ったわ!その手札一枚で、何ができる?」

 f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「そうね、手札一枚から大逆転劇をするのは難しいかも。

でも…遊戯王の20年間の間には、こんなカードもあるの!手札から、シンクロキャンセルを発動!」

 葉月「えっ!?だ、だって!あなたの場にはシンクロモンスターなんて残ってないじゃない!」

 f:id:hadukimiu:20191004233012p:plain「何か勘違いしてるみたいね。このカードには『自分フィールドのシンクロモンスター』なんて、一言も書いてないよ?」

葉月「そ、それって…」

f:id:hadukimiu:20191004232954p:plain「あなたが奪ったトリシューラをエクストラデッキに戻し、素材にしていた、

ジャンク・シンクロン

ドラゴンメイド・ラドリー

ドラゴンメイド・ナサリー

ドッペル・ウォリアーを蘇生する!」

 f:id:hadukimiu:20191004231051p:plain「なるほど、もう一度フィールドに四体のモンスターを戻せるからドッペルウォリアーの効果を使わなかったんですのね!」


葉月ちゃんのフィールドからトリシューラが消え、まいのフィールドには素材にしていた四体が再び現れる。

 

f:id:hadukimiu:20191004232954p:plain「ジャンク・シンクロンとドッペル・ウォリアーでシンクロ!星杯の神子 イヴをシンクロ召喚!イヴはシンクロ召喚成功時にデッキから星遺物カードを加える!星遺物の守護竜を手札に!そして墓地のボルト・ヘッジボッグの効果!自身を蘇生!この効果で特殊召喚した場合、フィールドからは除外されるけどね。イヴとトークン2体、ヘッジでシンクロ召喚!さあ、レベルはいくつ?」

観客「「「「9!!!」」」」

f:id:hadukimiu:20191004232954p:plain「シンクロ召喚!もう一度来なさい!トリシューラ!」

葉月「トリシューラを二回!?け、けど今度は手札なんて残ってないよ!?」

 f:id:hadukimiu:20191005000117p:plain「言い忘れてた。トリシューラはね、それぞれ一枚ずつじゃなくても除外効果適用できるの。テキスト上だと『それぞれ1枚まで選んで除外できる。』だから。」

葉月「そ、そんな!?」

 

つまりこれで葉月ちゃんのフィールドからはスペルビアを確実に消し飛ばせる。とはいえ、小学生相手にトリシューラ二回ってなかなかひどい気もするけど…。

 

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「今回はイシュタムと墓地のマスカレーナを除外するわ!そして神子イヴの墓地に送られたときの効果でデッキから星杯の守護竜を特殊召喚する。」

f:id:hadukimiu:20191004232955p:plain「えっ?スペルビアじゃなくていいの?」

葉月ちゃんの盤面にはスペルビアとアムドゥシアス、奪ったデストルドーの三体。トリシューラの攻撃力は2700。一方守備はそれぞれ2400、2800、3000とスペルビア以外は戦闘破壊は容易じゃない。つまりここから再び展開していく必要がある。でもなんでイシュタムに・・・?

 

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「手札から、星遺物の守護竜を発動!守護竜ユスティアを墓地から特殊召喚!トリシューラとユスティアでリンク!水晶機巧-ハリファイバー!ハリファイバー効果でデッキからジェットシンクロンをリクルート!ジェットシンクロンとハリファイバー、星杯の守護竜でリンク!リンク4!ヴァレルロード・ドラゴン!」

f:id:hadukimiu:20191004232920p:plain「ああ、そういうことですのね。」

f:id:hadukimiu:20191004232949p:plain「えっ、なんでヴァレルソードにしなかったの?戦闘破壊ならそっちの方が楽だよね?」

f:id:hadukimiu:20191004231051p:plain「見ていれば分かりますわ。」

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「このままバトルフェイズに移行!ラドリーとナサリ―の効果発動!バトルフェイズ開始時に、本当の姿…竜態へと変化する!ラドリーとナサリ―を手札に戻して、墓地からフルスとエルデを特殊召喚!」

 

攻撃力は上から3000、2600、2600これでは2体くらいしか倒せないんじゃ?

 

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「いいえ、全部を戦闘破壊する必要はないの。ヴァレルロードでデストルドーを攻撃!この時ヴァレルロードの効果発動!デストルドーのコントロールを奪う!」

f:id:hadukimiu:20191004232953p:plain「あっ!コントロール奪取!」

f:id:hadukimiu:20191004231051p:plain「そういうことですわ。文字通り、奪われたものを全部取り返して見せましたわね。」

f:id:hadukimiu:20191004232954p:plain「それだけじゃない、ヴァレルロードの効果発動!アムドゥシアスの攻撃力と守備力を500ずつ低下させる!」

葉月「守備力2300!エルデで破壊できるってこと!?」

f:id:hadukimiu:20191004232954p:plain「もちろん!エルデでアムドゥシアスを破壊してフルスでスペルビアを戦闘破壊よ!」

葉月「きゃあああ!!」

 

葉月ちゃんのライフはすでにイシュタムとアムドゥシアスが効果を2回使ったため6000。でも盤面はもうステージ以外残されていない。

やった!形成が逆転した!

 

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「バトルフェイズ終了時にフルスとエルデの効果、自身を手札に戻して、ラドリーとナサリ―をフィールドに戻すわ。

メインフェイズ2に入ってフルス効果、手札から捨てて墓地のアムドゥシアスをデッキに戻す!

ところで…このデストルドー、レベルはいくつだったか覚えてる?」

f:id:hadukimiu:20191004232955p:plain「あっ…。」

 

葉月ちゃんの顔が引きつる。

そう、ラドリーを対象に出したデストルドーはレベルが2つ下がっている。

 

f:id:hadukimiu:20191004232954p:plain「ラドリーとナサリ―にデストルドーをチューニング!さあ三度舞い降りて!トリシューラ!!!」

「や、やめて……。」

f:id:hadukimiu:20191004233012p:plain「そうね…今回は墓地のスペルビアの除外が目的だけどね…。でも、これは人の大事なものを奪おうとした報い。そして、自分のためにデュエルをしなかった罰よ。小学生でもしっかり教えないと。」

 

文字通り、トリシューラがすべてを破壊しつくす。

もう後には何も残らない。

 

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「トリックスター・ライトステージとスペルビアを除外!!!」

葉月「やめてえぇぇぇ!!!!」

 

ホログラムのライトステージにトリシューラの氷のエフェクトが入り、次の瞬間粉々になる。

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「私はこれでターンエンド。」

 

 がくんと膝をつく葉月ちゃん。

 

―――彼女のアイドルの象徴が、音を立てて砕け散った。

 

(先攻1ターン目終了時)

f:id:hadukimiu:20191028015611p:plain

 ―――彼女のアイドルの象徴が、音を立てて砕け散った。

 

葉月ちゃんはへたりと座り込み、顔を上げる事すらできない。

 

f:id:hadukimiu:20191004232925p:plain「…無理もありませんわ、3回も除外効果を使われて、7枚ものカードを飛ばされているんですもの。堕天使は基本的には墓地を肥やしてから動くテーマ、その墓地リソースもほぼ消しとばされた今、彼女の反撃は絶望的ですわ。」

MC「さぁ、フィールドにはモンスターはおろか一枚のカードもない!墓地にも堕天使カードは全くの0!これは万事休すか!?」

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「……サレンダーしてもいいのよ?観客を思うなら潔く負けを認めるのも手。無残に負ける様なんて、お客さんも望んではいないでしょう?デッキの上に手を置いてしまえばそれでおしまい。あなたが本当に……自分じゃない人のためだけにデュエルをしているのならね。」

葉月「……。」

f:id:hadukimiu:20191004233012p:plain「本当は、自分の立場も考えずに、デュエルできる場所がほしかったんじゃないの?アイドルとか、そういうのも全部抜きにして、興じれる場所がほしかったんでしょ?」

 葉月「………。」

 

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「アイドルってさ、もっと泥臭いものだと思う。それに、自分を好きになれない人はアイドルなんてできないのよ。そのくらい、我儘で、身勝手で、強気じゃないと。そうでないならそれはただの人形。そうでもいいの?」

 

そっか、葉月ちゃんは求められて強制されたからアイドルを続けてきた。

踊ることも、歌うことも、デュエルすることも、観客や企業、大人たちからするべきといわれたからだ。自分の意志でこれをしたいなんて一回も言えなかった。厳しく、きつい世界の中で彼女は過ごしてきた。

それがまいの一番の苛立ちの原因だ。自由を奪われた彼女はまいログカフェのモットーに真っ向から相反する。

だから、見過ごせない。正面から下す必要があった。自分がしたいことをしっかり持ってる人間の良さを教える必要があったんだ。

そんな狭い見識の中で育って大人になってしまう彼女はきっと、不幸だから。

 

だから、次のカードをドローするかは彼女の意志になる。

自分からカードを求めてドローするかを今、まいは迫っているんだ。

 

葉月ちゃんは、

ふらふらと立ち上がろうとする。

力が入らず、ガクリと膝をつく。

もう一度立ち上がろうとする。

きっとプレッシャーは尋常ではない。

だから恐怖もすごく大きいと思う。

 

そしてやっとの思いで立ち上がる。

観客も、だれも、一言も発さない。

 

震える手でデッキに手を伸ばす。

そして、

 

葉月「……わ、私は…。」

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「……。」

 

葉月「私のターン!ドロ―!!」

 

カードを引いた瞬間、観客もスタッフも大歓声を上げた。

スポットライトが一気に葉月ちゃんに集まる。

 

「私が引いたのは・・・『強欲で貪欲な壺』!!!」

 

f:id:hadukimiu:20191004232953p:plain「なんですって!?」

f:id:hadukimiu:20191004231051p:plain「いい引きしていますわ。彼女も大概。」

葉月「デッキトップから裏側で10枚除外して、2枚ドローする!!」

裏側で10枚除外されるため、除外されたカードはプレイヤーのみが確認できる。

葉月「…ちょっと痛いけど、これなら大丈夫!2枚ドロー!まだまだ!トレード・イン発動!スペルビアを墓地に送ってもう一度2枚ドロー!」

f:id:hadukimiu:20191004232953p:plain「うそ!?スペルビアは1枚除外されてるのに!!」

 

腐ってもアイドルデュエリスト、その辺りはそんじょそこらとやはり違う!

 

葉月「手札から堕天使の戒壇を発動!スペルビアを蘇生!蘇生時の効果で墓地からキャンディナを蘇生するわ!」

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「2体のモンスターを並べた…。」

葉月「オーナーさんの言うとおりだったね…こんな見苦しい姿でステージに上がってるんだもん、アイドルとしては失格だよね…でも、そうだよ。勝ちたい、勝たなきゃ。このまま何もできずに終わることが一番私にとって一番悔しい、情けないもん!!それにお客さんがいる。皆が見てる!アイドルとしては情けなくても、あなたの喉笛にかみつくよ、私は。だから諦めない!

2体のモンスターでアドバンス召喚!

舞い降りて!堕天使ルシフェル!!」

 

ステージが暗転して、紫の光が走り回る。

そしてルシフェルが盤面に降り立つ。

 

葉月「ルシフェルの効果!相手フィールドの効果モンスターの数まで、デッキから堕天使をリクルートする!

出てきて!堕天使テスカトリポカ!堕天使スペルビア!!」

f:id:hadukimiu:20191004232920p:plain「あの枚数を除外されてまだ堕天使が残ってるなんて!」

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「ルシフェルの攻撃力は3000、ロードとの相打ちを狙ってるの?けどロードは相手ターン中でも攻撃力を低下できる!つまりルシフェルは…。」

葉月「残念、ルシフェルはね?ほかの堕天使がフィールドにいると効果の対象にできないんだよ?」

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「!!?」

葉月「続けてルシフェル効果!フィールドの堕天使の数だけデッキトップからカードを落とす!堕天使は3体!よって三枚カードを墓地に送るわ!

1枚目!堕天使の追放!2枚目!トリックスターライトステージ!三枚目!ハーピィの羽箒!堕天使カードが1枚あるからLPを500回復!」

 

葉月「ルシフェルでヴァレルロードを攻撃!」

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「ロードの効果発動!スペルビアを対象に攻撃力守備力を500ダウン!」

お互いに破壊されるロードとルシフェル。

葉月「テスカトリポカでトリシューラを攻撃!100ダメージ!」

トリシューラが破壊され、ダメージを受けるまい。

エアーが噴出してまいの髪を揺らす。

f:id:hadukimiu:20191004233007p:plain「うっ・・・」

葉月「スペルビアで攻撃!2400ダメージ!!」

f:id:hadukimiu:20191004233010p:plain「きゃあああ!」

大ダメージを受けるまい。先ほどよりも強いエアーが噴出した。

残りLPは1500。

葉月「テスカトリポカの効果、LPを1000払って追放を適用するわ。魅惑の堕天使をサーチ。カードを1枚伏せてターン終了。これで少なくとも2回は奪ってあげられるね、おねぇちゃん。」

 

葉月ちゃんのLPは5500。一方まいはLP1500。盤面を返されて、手札はエルデ1枚のみ。

 

f:id:hadukimiu:20191004232925p:plain「ここまで…ですの?」

f:id:hadukimiu:20191004232949p:plain「相手の場には2900、2800のモンスターと魅惑…、もう…。」

 

絶体絶命。これで終わり?

けど、まいは…不敵に笑って見せた。

f:id:hadukimiu:20191004232954p:plain「……ここからが、一番の勝負所ね!」

 

(先攻2ターン目終了時)

f:id:hadukimiu:20191028015843p:plain


アイドルパニック④へ続く